ドメインペナルティの恐怖
何を隠そう、私の日本に居た頃に運営し始めたホームページのドメインは、大ペナルティを受けていたらしく、Google検索エンジンからのアクセスはほぼなし、自社の名前で検索して表示さびれるまでに1年ぐらいかかったという恐ろしいドメイン。

サイト内の文章を増やすにも被リンクを増やすにもいろーーーーんなことやりました。

でも一向にアクセス来ません、来てもソーシャルや、他ブログサービスから。

ほんっとにペナルティって恐ろしいですね。

で、なぜペナルティを受けていたのか?
についてですが

・以前使用していたドメインでのサイト内容をそのまま移動させた。
・その後リニューアルするもミラーサイトとして認識
・さらに、ドメイン自体のぱーわーがない系 .netでした
・設定していたキーワードがビッグ過ぎた?GoogleAdwordsの入札単価が5000円の超えのものだった。

理由はいろいろとあるのですが、ふと思い立って、ドメインをドイツのドメイン機関に移管させてみました。すると。

今まで全く取れなかった小さいキーワードからの流入や、検索エンジンでの表示回数が増えるように。                

その代わりドメインの年数はリセットされてしまいましたがまぁ、実験の価値はあったかな。。と

そして最近リニューアルして、心機一転、業態も増やし、ドイツからの輸入もののコンサル的なものもするよーと。

ホームページ 制作・ブログ作成ならヨーロッパ在住のWecona

こちらのページです。 リニューアルでうまくグーグルに審査してもらえるといいな。

ドメインの年齢を調べるツールがコチラ↓ 、たまにちょっと違うぽって思うときもありますがだいたいあってます。

Domain Age Tool

Enter domain name

運営しているサイトのドメインを入力してSubmitを押してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です